2011年正月デビューの七福神

 2011年正月、雑司が谷(東京都豊島区)で新たなユニットが結成される。その名も「雑司が谷七福神」。
 同地は著名人が眠る「雑司ヶ谷霊園」や16世紀の創建と伝わる「雑司ヶ谷鬼子母神」が有名だが、このほかの歴史的スポットも散策してもらいたいと、地元住民と寺社が協力して結成した。

 鬼子母神の大黒天、清立院の毘沙門天など3体は従来から地元に伝わるもので、残りの4体はこの日のために擁立したものだ。
 「雑司ヶ谷鬼子母神」のホームページから地図や七福神の案内、江戸時代の切絵図などがダウンロードできる。

 豊島区では初となるこの七福神、「雑司が谷七福神の会」ではこれから10年、100年と育てていく豊島区公式サイト)としている。
 のちのち、「俺はデビューの頃からチェックしてたんだゼ」と自慢したい人は今しかない、急げ!