[今日は何の日]八月一日

八月一日家@飛騨民俗村

八月一日さんという苗字の方がいる。これでほづみと読む。

旧暦8月1日は稲の収穫を目前にした時期で、稲の初穂を摘んで神に献じる「八朔(はっさく)」の行事が行われる日でもある。八月一日穂を摘む日なのでほづみという読みになった。文字から意訳して「読み」をつくってしまったわけだ。

岐阜県高山市の飛騨民俗村・飛騨の里には、この八月一日さんちの合掌造りが移築されている(写真)。

入母屋の妻にホテ窓のついた、越前の民家の影響を受けたもので、家屋内には飛騨の各地から集められた橇(ソリ)が展示されている。