[今日は何の日]ひかり号が走った日

九州鉄道記念館展示

1958(昭和33)年のこの日、「ひかり」号が走った。運転区間は、博多〜別府間。そう、新幹線ではなく、在来線の臨時急行だった。
この列車はディーゼルエンジンで動く気動車で運転された。

奇しくもこの年、「こだま」号も登場している。こちらは東京〜大阪・神戸間を結ぶ特急列車で、電車による運転だった。

以後、それまでの機関車が重そうに引く客車列車にかわって、車体にモーターを組み込んでいる電車や気動車が、機動力のある高速列車としての地位を占めていく。

後年、日本の電車技術の結晶ともいえる新幹線(東海道新幹線)が登場したとき、その列車名にこの2つが採用されたのは、不思議なめぐりあわせともいえよう。

写真は、九州鉄道記念館(福岡県北九州市門司区)の展示パネル。