[今日は何の日]できものの日

1428(応永35)年のこの日、室町幕府4代将軍・足利義持が、風呂で尻のできものを掻き破った。なんでこんなことが記録に残っているかというと、義持はこの傷口が化膿して危篤となり、18日に死去してしまうからである。

さらに義持は死去に際し、将軍の責務たる後継者の指名を拒否した。「自分が後継者を決めても有力大名が支持しなければ意味がない」という主旨のことを言ったとされ、将軍権力の弱さを示すエピソードとして今に伝わっている。

権力者の常とはいえ、義持も、自分が尻のできものを掻き破った日が、600年近く経っても記録に残っているとは思いもしなかったろう。

というわけでこの日を「できものの日」として、些細なできものにも油断なく体調管理につとめる日としてはどうだろうか。