[今日は何の日]魔の26日

伊勢湾台風襲来時の天気図

伊勢湾台風襲来時の天気図

台風の上陸が一番多い日は、暦の上では二百十日(例年9月1日)及び二百二十日(例年9月11日)とされている。立春から数えた日数で、いずれも風の厄日になっている。
また、統計の上では9月17日と9月24日であるが、被害が一番甚大だったのがこの26日である。

1954(昭和29)年の洞爺丸台風(大隅半島に上陸。青函連絡船5隻が相次ぎ沈没し死者1492人)、1958(昭和33)年の狩野川台風(26日伊豆半島をかすめて27日0時、三浦半島に上陸。死者1269人)、1959(昭和34)年の伊勢湾台風(紀伊半島潮岬に上陸。死者5098人)と数年のうちに相次いで襲来し「魔の26日」と呼ばれた。

当時は戦争で荒廃した山林や治水の修復がままならなかった時期でもあり、それが被害を大きくしたとも言えるが、近年も伊勢湾台風クラスのものはまれに襲来する。

今なお、風水害、土砂災害などで悲劇が絶えないことを考えると、「9月26日」は「9月1日」とは違う面で、防災の日にしてもいいのではないだろうか。

名古屋港海洋博物館(伊勢湾台風のジオラマ)

伊勢湾台風の被害を示す、名古屋港海洋博物館のジオラマ