嗚呼!クリオネの踊り食いを疑似体験

パッケージを開けると、ケースに納まったクリオネが30匹ほど、勢揃いしている。普通は、ケースから竹の箸などを使って上品に、このクリオネたちを菓子皿に移すのだろうがここはちょっとワイルドに手づかみで頂こう。

手でガッとつまんだ時の触感はまるで浜辺に打ち上げられたクラゲに触れたかのようだ。べたりとはりついているクリオネを、ケースから引き離す。この粘度はまるでウミウシか何かを岩からひきはがしているかのような快感を与える。


口に運ぶとき、クリオネのヒレや尾の部分が、まるでいやいやをするようにぷるぷると震える。

口に含むと、砂糖と水飴と麦芽糖と白餡と澱粉とくず粉とゲル化剤と赤105号の着色料で作られている本体の甘さが舌の上に広がる。舌に広がったそのほのかな甘みを堪能しながら、一息に飲み込むとなめらかなノド越しを残して、クリオネは胃に落ちていった。

……というようなことを本当に実行に移すと、ノドに詰まって大変なことになりますので、おやめ下さい。

オホーツク銘菓と銘打たれたこのお菓子、くず粉でできていることからもわかるように、体質的に葛切りや甲州の信玄餅の類である。正式名称は『菓子(くず大福)』となっている。形態はクリオネでも、きな粉をまぶして食べるようになっているところが、己が出自を物語っている。実際口に含むと、クリオネの形状から想像される味と葛切り的な「甘み」との違和感が、たっぷり堪能できる。

と同時にクリオネの踊り食いの雰囲気といったものを、くずの触感からかすかに伺えるところにこの菓子の醍醐味があるといえようか。

=DATA=
名称 流氷の舞姫・クリオネ
栄屋活魚株式会社/北海道紋別市新港町2-11-3