たたらじゃ……

tatara01

島根の出雲地方では、古代よりさかんに製鉄が行われ、その技法は「たたら」と呼ばれていた。島根県の吉田村(現・雲南市吉田町)には、その古くからの製鉄炉と建物が、日本で唯一現存しているという。

それにちなんだモナカがこれ。


tatara02

むいてみた。どうみても農家。

ちなみに、もののけ姫の「たたら場」のモデルにもなったそうだ。しかしながら、製鉄炉そのものではなかなかモナカにしづらい。というわけで建物の外観が最中になっている次第。

「たたらじゃ、吉田村のたたらじゃ……」などと口ずさみながら食べる。
小豆餡はずいぶん歯ごたえがあるなと思ったら、地元の産だった。

小豆は3〜8世紀に日本に伝わったとされる。一方、吉田村の製鉄は鎌倉〜室町期に確立したらしい。皮と中身が歴史と伝統のハーモニーをおりなし、ガツンとした歯ごたえが楽しめるモナカだ。

  • 「たたら最中」
  • 願永松月堂
  • 島根県雲南市吉田町吉田2707-7