[今日は何の日]コロンブス、人魚に遭う

1493(明応2)年の1月9日に書かれたコロンブスの航海日誌に、人魚に遭遇したという記述がある。

日誌には〈(コロンブス)提督は、前日リオ・デ・オロを遡上して行った時、海上高く三匹の人魚が飛び上がるのを見たが、それは絵にかいてあるように美しいものではなく、何とか人間のような顔をしていた〉と記されている。

これはカリブ海に棲息するアメリカマナティーらしい。
このコロンブスの後から来た人たちがだいぶ派手に乱獲したのであろう、現在推定生息数は1000〜3000頭で絶滅が危惧されている。

アメリカマナティーは、日本では沖縄美ら海水族館と香川県の新屋島水族館で飼育されている。