テーマパークとしての寺社[須磨寺]

 須磨寺。旅行のガイドブックには概ねこう書いてある——源平ゆかりの地に建つ須磨寺は、境内に、熊谷次郎直実と平敦盛の一騎打ちを再現した「源平の庭」や小石で作った人形で源平合戦の様子を描いた「小石人形舎」などがある。宝物館には敦盛の笛などの品々が展示されている云々……いわゆる古刹というヤツである。

 山陽電鉄の須磨寺駅から歩いて5分ほどで、どっしりとした感じの山門が見えてくる。周辺には、こじんまりとした商店が立ち並び、門前町の情緒ある雰囲気が漂っている。魚屋の店先には活きたシャコがたらいの中ではねまわり、ここが明石の好漁場に近いことを思わせる。
 お寺参りのお婆さんとすれ違う。須磨寺に一番似合いそうな客層だ。

 入って左手に「源平の庭」。笛の名手で美少年といわれた平敦盛は合戦の折り、熊谷次郎直実に一騎打ちを挑まれ、若くしてその命を落とした。「討たれし平家の公達あはれ」と歌唱「若葉の笛」にも歌われているもの悲しいエピソードだ。
 砂利が敷き詰められて山水文様がついている庭には、馬上から名乗りを上げ決戦を挑む直実と、受けて立つ平敦盛の像がある。

 が、どうもなんか様子がヘンだ。よくみると山水の文様はミゾを掘ったプラスチックだ。石庭がプラスチック製である。由緒ある古刹が、急にスペックダウンした気分!

 境内は広いし、それなりに古くて立派。

 しかし、ところどころにヘンなものがある。

「一つ事占い」と称する鳥かごのなかに下駄が入っているオブジェ。ハンドルを回すと下駄が弾かれ、表になったり裏になったりして明日の天気が分かるというのだ(!)。
 きわめつけが「電動猿」。みざるいわざるきかざるなど五体の猿の模型が安置され、おのおの頭をなぜてやると、センサーに反応して手が動きだす。みざるは目を隠すように手が動き、いわざるは口を、きかざるは耳のところに手を持ってくる。世代によっては、往年のせんだみつおの芸を思い出す人もいることだろう。

 で、三猿はいいとして、残りの二体は何かというとおこらざるみてござる。後者は手にもった双眼鏡を顔に当てる。それも屋外に置かれているためか、油切れのきしんだ音を立てながら。みざるみてござるが一緒にいるのもおもしろい。残り二体を加えなければならない理由でもあったのだろうか?

 ガイドブックにも書かれていた「小石人形舎」に入ってみる。大きめの小石で胴体部分を作り、小さい石に顔を描いて上にのせて、人形風に仕立て上げたもの。芝居の名場面や源平の合戦シーンが再現されている。ほとんどの人形に移動装置が付いていて、場面が展開する。ただし、100円を入れればだが。

 「宝物館」も覗いてみる。ゆかりの小刀が、展示台からはずれてケースの下に転がっていて、もののあはれを誘う。NHK大河ドラマ『新平家物語』(1972年)のスチール写真がほこりをかぶって通路脇に放り出されていて、諸行無常の念を強くする。仲代達矢が若い。

 もちろん、こんなものだけではない。一隅の観音堂には四国八十八札所の砂が集められている。年輩の夫婦がその砂の納められた祠ひとつひとつに賽銭を置き、丁寧に参拝してまわっている。山道を10分ほど登った奥のお堂ではお百度参りの姿も見かけた。観光地的な娯楽性が意識されている一方で、ここは今でも厚い信心を受けている寺である。

 お伊勢参りや七福神詣でに見られるように、昔から神社仏閣への参拝は娯楽の側面も持っていた。昔、寺社がテーマパークだった名残といえようか、須磨寺はその余韻を現代にまだ残している。その意味でここは古刹なのであった。

大本山 須磨寺
住所 兵庫県神戸市須磨区須磨寺町
TEL 078-731-0416
交通 JR山陽本線須磨駅より徒歩15分、または山陽電鉄須磨寺駅より徒歩5分。