鬼の館で「地獄の歩き方、極楽への生き方」展

museum

まもなく節分だが、北上市立鬼の館(岩手県北上市)では、地獄の世界や鬼を紹介する企画展「地獄の歩き方、極楽への生き方」を開催中。会期は2021年2月14日まで(2月12日は休館)。

岩手県内の寺院が所蔵する「地獄絵掛図」や、『往生要集』のひとつである『平かな絵入往生要集(嘉永再刻本)』を公開する。
このほか、常設展示室では、鬼を「大人」「妖怪」「鬼神」「餓鬼」の4つに区分し展示し、北上市に伝わる民俗芸能「鬼剣舞」についての解説や、世界の鬼について取り上げたコーナーなどがある。

今後、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開館時間や内容などが変更される可能性があるので、最新の情報に留意を。本年2月に予定されていた「福豆鬼節分会」も、感染拡大防止のため中止となった。
なお、同館サイトには、「鬼剣舞ポップアップカード」鬼の館キャラクターのお面などをダウンロードできるコーナーもある。