「人面墨書土器」のワークショップ、岡山・瀬戸内市で

古代に行われていたまじないの一種である「人面墨書土器」のワークショップが、2019年11月2日に、瀬戸内市民図書館 オリーブの庭で開催される(チラシ画像)。
人面墨書土器は土器に墨で人の顔を描いたもので、奈良〜平安時代の遺構から出土する。その多くが水辺であることから、病気や災いを封じ込めて川や溝に流したのではないかと考えられている。

ワークショップでは、須恵器の硯である「円面硯」を用いて墨をすり、用意された様々な土器から好きなものを選んで顔を描く。問い合わせは、寒風陶芸会館(岡山県瀬戸内市)まで。

瀬戸内市と備前市には、飛鳥時代に須恵器を焼いていた寒風古窯跡群(さぶかぜこようせきぐん)など、古墳時代後半から平安時代末にかけての多くの窯跡(邑久古窯跡群:おくこようせきぐん)があり、備前焼のルーツとも言われている。寒風陶芸会館には、同地からの出土品も展示されている。