江戸時代から鏑木清方デザインの浴衣まで、泉屋博古館分館で特別展

泉屋博古館分館(東京・六本木)では、2019年5月28日〜7月7日の会期で、特別展「ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし」を開催中。

江戸時代に入浴後のくつろぎ着として広まり、やがて夏の気軽な外出着として定着した「ゆかた」の魅力をひもとく。
江戸時代の武家のゆかたや町方女性のゆかた、さらには鏑木清方などの画家がデザインしたゆかたなどを、型紙や浮世絵ともあわせて展示する。意外なところでは、清水崑や横山隆一などの遊び心あるゆかたも。

6月16日までの前期、6月18日からの後期で展示替えがあり、ゆかたはほぼ入れ替えとなる。