トヨタ博物館にクルマ文化資料室オープン

トヨタ博物館(愛知県長久手市)は2019年4月17日、新たな常設展示として、クルマ文化資料室をオープンさせた。

自動車の実物は置かず、〈世に送り出された「クルマ」が、どのように社会に受容され、どのようなイメージで表現されていったのか、その軌跡をたどります〉(同館サイトより)というコンセプト。

世界初の自動車雑誌や自動車切手、ダイキャストミニチュアカーなどに加え、「クルマ」が重要な存在として描かれている文学や漫画、映画、音楽を取り上げ、クルマ文化の歩みを紹介する。