[今日は何の日]五平もち記念日

この日、日本で初めて五平餅が作られた…というのはウソで、長野県の飯田・下伊那地方が地元に古くから伝わる「五平もち」をアピールするために、「飯田・下伊那の日、五平もち記念日」として制定したもの(『記念日ハンドブック』日本記念日協会編)。
五平餅は中部地方の山間部に伝わる郷土料理。飯を練って小判形や団子にして串に刺して焼き、味噌や醬油などをつけて食べる。

日本で初めて五平餅が作られた日はわからないが、石川県小松市の白江梯川(しらえかけはしがわ)遺跡から興味深い遺物が出土している。それは、古代末〜中世の土坑から見つかった炭化したお米の塊で、米粒が変形していることから、調理済みのご飯と考えられている。指で押さえたような跡があり、さらに割れた部分には、木の棒を刺したような筋状の植物の跡も残っていた。

これが、ご飯を握って木の棒を突き刺したのだとすれば、今日我々が知るところの「五平餅」そっくりであるが、飯を練って餅にした様子はうかがえないという(『おにぎりの文化史』横浜市歴史博物館監修)。

案外、五平餅のご先祖様のようなものがこの時代から食されていたのかもしれない。