西南学院大学博物館で「ねこ学への招待」開催中

西南学院大学博物館(福岡市早良区)では、特別展「ねこ学への招待」を開催中。会期は2019年4月1日〜6月29日、入館無料。福岡県の相島で30年以上にわたって行われているノラネコを対象とした生態学の研究成果や、熊本県の湯島に生息するネコを紹介した展示がある。

さらに「ねことキリスト教」という、キリスト教系の同校ならではの展示も。ネコの絵が描かれた中世のキリスト教の写本を紹介し、ネコに愛着をもつ一方で、魔女の使い魔として迫害したことにも触れ、キリスト教がネコとどう向き合ってきたかを伝える。

また、会期中、「教えて! あなたのネコ研究」と題するワークショップを開催。身の回りのネコを観察して、同館で配布している「個体識別カード」(リンク先PDF)を完成させるもの。カードは博物館で展示され、参加者にはオリジナルポストカードが進呈される。

なお、同館は日曜日が休館なので注意。