新元号「令和」にちなむ特別展示、高岡市万葉歴史館で

大伴旅人

菊池容斎(武保) 著『前賢故実 巻第2』に描かれた大伴旅人(国立国会図書館蔵)

政府は、2019年4月1日、新元号を「令和(れいわ)」と発表した。令和は『万葉集』「梅の花の歌三十二首の序」にある「于時、初春令月、気淑風和」から採られており、大伴家持の父である大伴旅人の手によると言われている。

これを受けて、高岡市万葉歴史館(富山県高岡市)では、新元号「令和」にちなむ特別展示《「令和」と『万葉集』~家持の父大伴旅人と梅花の宴~》を2019年4月3日より開催。〈大伴旅人が開催した梅花の宴と、元号の典拠となった万葉集の部分について、「西本願寺本万葉集」(複製)や寛永版本万葉集などと共に解説〉(同館サイトより)するという。

同館は、奈良時代に大伴家持が在任した高岡の地に開設された、万葉集を中心とする研究・文化施設。越中国(現・富山県)と大伴家持や万葉集との関わりについての常設展示のほか、万葉集ゆかりの草木が植栽され、春夏秋冬にテーマ分けされた回遊式庭園「四季の庭」などからなる。

国書に由来する元号は確認される限り初めてという。

思わぬ展開から、にわかに脚光を浴びることになった高岡市万葉歴史館は、新元号発表直後の12時5分付の公式ツイッターで、問い合わせが相次いで、電話回線がパンク状態であるとツイートしていた。
それからわずか3時間1分後には〈新元号「令和(れいわ)」を祝して特別コーナー設置決定〉をツイート。さらに2時間13分後の17時19分には特別展示の告知とポスターも完成させるという、北陸新幹線も真っ青のスピードぶりで事態に…いや、時代に対応した。特別展示は2019年4月3日からの開催となる。