[感想後記]日本が初参加した万博をたどる/たばこと塩の博物館「ウィーン万国博覧会」展

たばこと塩の博物館「ウィーン万国博覧会」展

日本が初めて公式参加した、1873(明治6)年のウィーン万国博覧会に出品した品々や万博前後の取り組みなどを紹介

2025年の大阪万博開催が決定した折、たばこと塩の博物館(東京都墨田区)で、「ウィーン万国博覧会展」というタイムリーな企画展が開催されている。

1867(慶応2)年のパリ万博には、徳川幕府や薩摩藩、佐賀藩がそれぞれ独自に参加しているが、ウィーン万博は1873(明治6)年に日本が初めて公式参加した万博となる。
明治政府はこの万博での経験を活かし、以後、技術や商品の品質を競う国内向けの万博「内国勧業博覧会」を開催する。そして、それが日本における博物館の本格的な設立へとつながっていく。

展示は万博出品の準備や、会場の様子、そして万博以後の日本といった流れがまとめられている。それにしても、もう150年近く前のウィーン万博に出品した数々の品(その多くがオーストリアの複数の博物館所蔵)をよく集めたと思う。日本館の展示写真も、デジタルリマスターですごく見やすいものもあった。

万博に出品した品々は日本の産業(これは輸出のPRも兼ねていた)や文化の紹介が中心だが、名古屋城の金鯱や張りぼての大仏、八尺の大太鼓、二間の大提灯、巨大五重塔模型なども出品された。

「金鯱はともかく、なんでこんなギミックを?」と思っていたのだが、外交官のシーボルト(幕末シーボルト事件のシーボルトの長男)が「巨大な出品物を展示した方がヨーロッパではウケる!」と助言したためらしい。
入れ知恵したのはお前だったのか!

でもそのおかげで大盛況で、当時現地でコレラが流行り来場者がガタ落ちだったものの、日本政府としては黒字だったそうだ。

蒔絵の茶箱とか、日本人をあらわした人形、押絵羽子板など(いずれもオーストリアの博物館や大学蔵)は里帰り展示ということになるのだろうか。2mもある有田焼の大花瓶や染付の大皿もあって、圧巻だ。

たばこと塩の博物館「ウィーン万国博覧会」展

ウィーン万国博覧会は、35カ国が参加し、約6カ月の会期中に726万人の来場者があったという。企画展では当時の写真なども数多く展示している

さて、ウィーン万博には各国からタバコ関係の出品もあるわけだが、それについて語るとき、企画展のキャプションもひときわ熱くなっているようだった。うん、たばこと塩の博物館だからね。
そのほか、「世紀末ウィーン」についても触れられており、グスタフ・クリムトの習作2点が展示されている。

明治初期、日本が初めて公式参加したウィーン万博にスポットをあてた企画展は珍しいと思われる。万博とは何か? 万博は日本に何を与えたか?を考えるいい機会かもしれない。会期は2019年1月14日まで。

たばこと塩の博物館

たばこと塩の博物館はスカイツリーの足元にほど近い場所にある。とうきょうスカイツリー駅より徒歩8分、または押上駅より徒歩12分

たばこと塩の博物館「ウィーン万国博覧会」展
住所 東京都墨田区横川1-16-3
TEL 03-3622-8801
会期 2018年11月3日〜2019年1月14日
開館時間 10:00〜18:00
観覧料 一般300円、小〜高校生100円
交通 東武スカイツリーライン・とうきょうスカイツリー駅より徒歩8分、または押上駅より徒歩12分