戦前建築をリノベーション、港区立郷土歴史館オープンへ

港区立郷土歴史館

開館予定を伝える港区立郷土歴史館のチラシ

東京の港区立三田図書館の4階にあった港区立港郷土資料館が、旧国立公衆衛生院の建物(港区白金台)へ移転して、港区立郷土歴史館として2018年11月1日に開館する。

移転先の建物は、東京大学大講堂(安田講堂)などで知られる建築家の内田祥三により設計され、1938(昭和13)年に竣工したもの。塔屋を備えた建物内には、講堂や教室、実験室などが配されていた。

港区はこの建物を2009(平成21)年に国から取得。外観や意匠などを保存しながら、耐震補強とバリアフリー化工事を行い、複合施設「ゆかしの杜」として整備を進めていた。施設内には、港区立郷土歴史館のほか、区民協働スペースやがん在宅緩和ケア支援センター、子育てひろばなどが設けられている。

港区立郷土歴史館は同建物の2〜4階部分に展示室を設置。港郷土資料館時代の目玉展示であったミンククジラの骨格標本や伊皿子貝塚貝層断面も引き続き展示するほか、プロジェクションマッピングやタッチパネルなどのデジタル機器を一新した。

開館を記念して、2018年11月1日から2019年1月27日までの会期で、特別展「港区指定文化財展 悠久の旅人」を開催する。