「あかり」にも歴史がある![日本のあかり博物館]

日本のあかり博物館

古い土蔵を元にした博物館。「灯火具の移り変わり」と「あかりの工夫」をテーマに、「あかり」の歴史が紹介されている

私たちの生活に欠かせない「あかり」。あまりに身近すぎて、そこに歴史があるのを忘れてしまいそうだが、そんな「あかり」の歴史をたどることができるのが、日本のあかり博物館だ。博物館のある小布施町は、かつてあかりの燃料として用いられた菜種油の産地だったという。

おそらく、そもそもあかりは「たき火」や「たいまつ」のようなものから始まったのだろう。やがて、油やろうそくなどの燃料を用いるようになる。江戸時代には、菜種からしぼった油がよく使われた。「あんどん」や「提灯」などの灯をともす道具にもさまざまな工夫が凝らされるようになる。
そして幕末〜明治以降はガス燈、石油ランプなどが登場する。

展示室には「和ろうそく作り」や「つけ木作り」の仕事場の再現展示があり、実際にどのような道具を用いたのかがわかるようになっている。和ろうそく作りは、一本一本を素手で作り上げる「手掛け」と呼ばれる製法を紹介している。1978(昭和53)年まで新潟県上越市高田の和ろうそく屋で使われていた道具だ。

「つけ木」とは、火種から火を移し取る時に使うもので、北信濃地方では「ツケンパ」と呼ばれていた。マツやスギを薄く削った木片(へぎ)の端に、着火しやすい硫黄を付着させた、マッチの先祖のようなものだ。
ここでは、長野県中野市の民家で昭和10年頃まで使われていた道具を展示している。この製作作業は山間部の冬場の仕事として重宝されていたという。

灯火具を見るだけではなく、実際に明るさの比較体験もできる。暗い部屋で、ろうそく、あんどん、ランプ、白熱電球相当の明るさが順番に灯され、時代ごとの違いを体感。ろうそくの明かりでは、夜に本を読むなんていうことはかなり難しいことだったことがよくわかるし、ランプは「畳の目が見える」と賞賛されたというのもうなずける。

日本のあかり博物館

キャンドルづくり、菜種油しぼり、蜜ろうそくづくりなど、あかりにまつわる体験もできる

このほか、事前に申し込めば、火おこし体験、菜種油しぼり、暗やみ体験などの体験も。人間があかりを手に得るために、どんな労力をかけてきたのかを実体験できるのだ。

人間が使ってきたすべてのものには歴史がある。パチンとスイッチを入れれば電灯が点くことが当たり前の時代ではあるが、その「当たり前」のものにどんな歴史があったのかということに、改めて気がつかされる博物館だ。

なお、博物館の展示室は、明治時代末に建てられた米蔵と昭和初期の倉庫を改装したもの。土壁や、天井の大きな梁などに囲まれた空間は、いにしえのあかりに思いをはせるのに格好のロケーションといえるだろう。

日本のあかり博物館
住所 長野県小布施町973
開館 9:00〜17:00(11月21日〜3月20日は9:30〜16:30)
休館日 水曜(休日は開館)・年末年始/8、10、11月は無休
入館料 大人500円、高〜大学生400円、小中学生無料
交通 長野電鉄小布施駅より徒歩8分
開館年 1982年6月6日