夏の思い出(1980年)

夏の思い出(1980年)

童謡・唱歌をテーマとした「日本の歌シリーズ」(9回全18種)のひとつとして、1980(昭和55)年6月16日に発行された。「夏の思い出」は、江間章子作詞、中田喜直作曲。ミズバショウが咲く尾瀬の光景を歌い、1949(昭和24)年に発表されるや、尾瀬のイメージを決定づけた。
ミズバショウはサトイモ科の多年草で、仏炎包と呼ばれる白い葉が花の穂を包む。曲では可憐なイメージだが、筆者が北海道で見た時は、生活排水も混ざるような宅地近くの湿地で、高さ40cmぐらいのものがワサワサと生え、たくましさを感じさせた。立地によって印象が異なるタイプのようである。