レジェンドのコレクションが集結、「ニッポン貝人列伝」

LIXILギャラリー(東京・京橋)では、近代貝類学の黎明期を築いた伝説の〈貝人〉10人をそのコレクションとともに紹介する「ニッポン貝人列伝」を開催中。会期は2018年3月8日〜5月26日。

貝類が科学的に研究されるようになった明治時代、貝に魅了されたコレクターは単なる収集マニアの域にとどまることはなかった。実業家が私財を投じて博物館をつくり、そこで育った弟子が貝類学者になったり、自らのコレクションがベースとなって学術的な貝類図鑑が発刊されたりと、コレクターと研究者が車の両輪となり近代貝類学の研究を発展させていった。

そのような伝説的な10人のコレクターを、「日本の貝類学を開花させたレジェンド」「今、再び脚光を浴びる、岩手博物界の太陽」「老舗の鳥すき屋の主にして、鉱物学博士で貝類コレクター」といった、魅惑的なキャッチコピーとともに取り上げる。

なお、同展の開催にあわせて、LIXIL BOOKLET『ニッポン貝人列伝 時代をつくった貝コレクション』も刊行されている。