ふじのくに茶の都ミュージアムがオープン

静岡県島田市に、お茶をテーマにしたふじのくに茶の都ミュージアムがオープン。茶作りのさかんな牧之原台地にある、旧「島田市お茶の郷」を整備し、2018年3月24日に開館した。
茶の起源とされる樹齢1000年の「茶樹王」(中国雲南省)のレプリカや、世界各地の茶の香りをかぐことができるコーナー、日本および静岡の製茶の歴史の紹介などがある。

このほか、開館記念企画展として「現代(いま)に生きる綺麗さびの世界」を、2018年3月24日〜6月10日の会期で開催。小堀遠州が好んだ茶道具や現在の陶芸家による作品を展示する。

また、体験イベントとして、2018年4月28日〜6月10日の期間、「新茶フェア」を開催。実際の茶畑での茶摘み体験や、茶娘衣装の着付け体験などが予定されている。

併設施設として、お茶料理を提供するカフェレストランや、茶葉を販売するミュージアムショップ、茶室や庭園などがある。