アクアマリンふくしまで、テオ・ヤンセン展

アクアマリンふくしま

アート作品「ストランドビースト」が、アクアマリンふくしまに出現

風力で生物のような動き方をする巨大なアート作品「ストランドビースト」で知られるテオ・ヤンセン氏の作品が、水族館で展示されるという、「テオ・ヤンセン展 in ふくしま2018」が、アクアマリンふくしま(福島県いわき市)で行われる。会期は、2018年3月3日~5月6日。

企画展は「海と自然との共生」をテーマとしており、テオ・ヤンセン氏は、福島民報のインタビューで「震災で亡くなった方がたくさんいる。オランダで新しい生命をつくっている身として、作品を通し、命が生まれる喜びを被災した皆さんに再び感じていただければうれしい」と語っている(福島民報2018年3月1日付web版)。

13体の作品を水族館のエントランスホールなどに展示するほか、ストランドビーストの動きがわかる映像や、構成する木型なども展示する。メモや日記などを実際の工房風に展示したコーナーも設けられる。

2018年3月3日〜5日は「テオ・ヤンセン来日スペシャル・トーク」と題し、自らストランドビーストのデモンストレーションが、また、4日には「来日特別講演会」が行われる。それ以降の会期でも、ストランドビーストのデモンストレーションが行われる(開催時間は、同館入口に掲示の予定)。

本展示は、通常の入館料だけで見学できる。