犬吠埼マリンパークが閉館

犬吠埼マリンパーク

2018年1月31日をもって閉館した犬吠埼マリンパーク

犬吠埼マリンパーク(千葉県銚子市)が、2018年1月31日をもって閉館した。同館は1954(昭和29)年の銚子市水族館を前身とし、1971(昭和46)年に民間運営の犬吠埼マリンパークとしてオープン。景勝地として知られる犬吠埼にあって、ながらく犬吠埼灯台とともに観光スポットになっていた。


犬吠埼マリンパーク

近年では1993(平成5)年にリニューアルし、恐竜ゾーン、海底散策ゾーン、洞窟ゾーンなどに区分けした展示やイルカショーなどを特徴としていた。

新聞報道などによると、年間来場者数は最盛期で約30万人。東日本大震災以前は年間7万~8万人の来館があったが、近年は5万人程度となり、施設の老朽化も進んだため、事業の継続を断念したという。

犬吠埼マリンパーク