志摩マリンランドでユウレイイカを展示 =終了

志摩マリンランド(三重県志摩市)は、2017年11月29日に深海性のユウレイイカの展示を開始した。
ユウレイイカは相模湾以南の西部太平洋、水深100~400mの中層に生息するイカで、長期飼育は例がなく、今回の展示も極めて短期間で終了する可能性があるとのこと。

【追記】ユウレイイカは2017年12月1日までで公開を終了。「謎のウミウシ」は公開中。

このほか、同館がツイッター@shimamarineland情報提供を求めた謎のウミウシも、正体が判明し、急遽展示を開始した。

このウミウシは予備水槽内で見つかった10mm程度のもので、学名はCuthona perca。ブラジルやカリブ海などに生息している種で、日本では1985年に初記録がある。大型船の船底やバラスト水などで運ばれてきたと考えられている。三重県津市や大阪湾内でも確認され、日本の外来種侵入生物データベースにも記載されているという。