国立科学博物館100年記念(1977年)

国立科学博物館100年記念(1977年)

東京・上野公園の国立科学博物館は、上野に文部省による東京博物館(教育博物館)の新施設が一部竣工した1877(明治10)年をもって創立年としている。もっともそのあと、上野から湯島に移され、さらに権限を縮小されて高等師範学校の付属施設に格下げとなり、やっと付属施設から独立したと思ったら、関東大震災で全施設・標本を失うという悲劇にも見舞われている。
ふたたび上野に戻ってきたのは1931(昭和6)年。この時、上野新館(現・日本館)が竣工し、昭和天皇・皇后臨席で開館式が挙行された。この11月2日をもって開館記念日としている。つまり、創立年と開館記念日との間に50年以上ものずれがあるのである。
切手の図案は日本館とフタバスズキリュウの復元骨格。1968(昭和43)年に、国内初の首長竜化石として発見された個体が、同博物館の顔になっていたことがよくわかる。