首都高速道路開通記念(1964年)

首都高速道路開通記念(1964年)

1964(昭和39)年8月1日に発行された、首都高速道路の開通を記念した切手。首都高は、10月の東京オリンピックに向けて数年前から建設が進んでいた。図案は、現在、景観面から首都高の地下化を求める声がある日本橋付近。その当時から首都高の象徴的な場所だったことがわかる。
こんな景観になったそもそもは、用地買収が不要なことから、首都高敷地として河川が積極的に利用されたことによる。1959(昭和34)年決定の都市計画では、首都高敷地の約35%が河川だった。
件の日本橋、2017年7月に国交相が首都高の地下化検討を表明した。但し、着手は早くても2020年の東京オリンピック以降となるそうだ。