切手趣味週間「彦根屛風」(1976年)

切手趣味週間「彦根屛風」

4月は切手趣味週間にあたるので、美術絵画を題材にした記念切手が発行されることが多い。1976(昭和51)年4月20日に発行された「彦根屛風」は、彦根藩主井伊家に伝わる国宝を元にその一部を図案化したもの。
彦根屏風は、2016(平成28)年に彦根城博物館の調査で、購入者が井伊家12代当主・直亮だったことがわかった。直亮は詳細な覚書を残しており、博物館がその覚書を修復して確認した。当初は「金千両」と提示されたが、交渉で値引きしたという。残念ながら購入金額について記された部分は損傷が激しく、結局いくらで購入したのか、完全には判読できなかったそうだ。