江戸と北京の都市と暮らしを俯瞰 江戸東京博物館で

江戸東京博物館

江戸の賑わいを再現したジオラマ。江戸東京博物館の常設展示にて

江戸と北京の都市生活を比較する珍しい企画展、「江戸と北京—18世紀の都市と暮らし」展が、江戸東京博物館(東京・両国)で開催されている。会期は2017年2月18日〜4月9日。

江戸の人口が100万人を超えた18世紀、北京は清朝の首都として最も繁栄を極めた時代でもあった。この二つの巨大都市を、江戸の賑わいを約12mの絵巻に活写した「熈代勝覧」や、清朝・乾隆帝の80歳の祝賀行列を描いた「乾隆八旬万寿慶典図巻」などで比較。
また、城郭や都市を描いた図面などで、江戸と北京のなりたちや都市計画を俯瞰する。

「熈代勝覧」はベルリン国立アジア美術館の所蔵品で11年ぶりの里帰り展示、「乾隆八旬万寿慶典図巻」は日本初公開の絵巻となる。

このほか、商売、歳時、学問や遊びなどのテーマを立てて、似ているようで異なっている江戸と北京の生活や文化を比較。さらに日本にも多大な影響を与えた清の絵画や陶磁器などの美術品も展示される。

江戸東京博物館

開館時間は9時30分~17時30分だが、土曜日は19時30分まで開館している