田園調布に巨大古墳群を見た![田園調布]

田園調布古墳展示室

 4世紀から7世紀にかけて築かれた巨大築造物・古墳。これを東京近郊で気軽(?)に楽しもうと思ったら、田園調布に行くに限る。
 泣く子も黙る高級住宅街を多摩川堤へ抜ける。古墳に直行するなら多摩川駅で降りた方が近い。多摩川に沿って広がる多摩川台公園には、全長100m級の前方後円墳が鎮座している。

亀甲山古墳 多摩川台公園

 遊歩道に沿って、あじさいの小径や水生植物園をたどっていくと、樹木で覆われたこんもりとした山があらわれる。これが亀甲山古墳(4世紀末〜5世紀初の築)。
 全長107m、高さ10m、円の直径66mという都内屈指の巨大古墳である。円形の一部が大正年間に浄水場建設のため削られているが、発掘はなされておらず、内部はまだ誰も見たことがない。

多摩川台公園

 さらに雑木林の繁る遊歩道に沿って、直径10〜20m、高さ3m程の小円墳が並んでいる。こちらは6世紀後半から7世紀中頃の作。全部で8基あり、「1号墳」「2号墳」……とプレートが立っていて、まるでオリエンテーリングのよう。公園を訪れた方はぜひ、この古墳オリエンテーリングを楽しんでいただきたい。
 が、最後まで来ると「8号墳(旧9号墳)」となっていて、番号がずれている。当初、9基あると思われていたのだが、近年の調査で、切り通しを造った際の盛り土を古墳と誤認していたことがわかり、1基失脚してしまったのだ。どの小山が失脚古墳か分かっただろうか?
 公園の北側にたどりつくと、ここにも100m級の宝来山古墳(4世紀後半)があるのだが、戦前の宅地造成で、円形の3分の2が破壊されてしまい、一見それとは分からない。

田園調布古墳展示室

 さて、古墳の外観を見たら中も見たくなるのが人情。もちろん勝手に掘ったりしたら立派な犯罪になるので、ここは公園内の「古墳展示室」へ行こう。
 館内には全長約60m級の前方後円墳の一部が実物大に復元されている。展示室に入ると、古墳の上に据えられた埴輪が目を引く。石室の入口では、前首長を葬り新しい首長が誕生する「墓前祭」の様子が、実物大の人形で再現されている。新首長が今まさにダルマに目を入れてバンザイを——というわけではなく、楽器を奏で太刀などを奉納しているようだ。
 それを横目に石室へ進むと木棺のなかで前首長(即ち古墳の主)が副葬品とともにおやすみになっておられる。石室内にはパネルが展示してあり、亀甲山古墳をはじめとする大田区の古墳やその出土品がわかるようになっている。

多摩川台公園

 見学を終えて、ふたたび亀甲山古墳の前に立つ。樹々の間から、多摩川の水面が秋の陽射しを浴びてきらきらと輝いているのが見える。
 この地域の首長たちは、多摩川の治水や潅漑事業を統率することで強大になった。この古墳の主たちは、自らの治水の成果である多摩川の流れを眺めながら眠りについているわけだ。周辺にも古墳が多いところをみると、「多摩川の眺めのいいところに」と遺言したのかもしれない。今の首長ならさしずめ、東京オリンピックの予定会場を一望できるところに、と遺言するのだろうか?

大田区立多摩川台公園古墳展示室(多摩川台公園)
住所 東京都大田区田園調布1-63-1
TEL 03-3721-1951(多摩川台公園事務所)
開館 9:00〜16:30(月曜、年末年始休館)
入館料 無料
交通 東急東横線・目黒線多摩川駅より徒歩5分