熊本県で、装飾古墳の内部を一斉公開

平成27年度熊本県内装飾古墳一斉公開

2016年3月19、20日の両日開催。公開する古墳は日程によって異なる

古墳内部の石棺や石室をレリーフなどで彩った装飾古墳。全国で660基が知られているが、そのうちの3割が熊本県から発見されているという。熊本県教育委員会ほかが主催となり、熊本県内11か所の装飾古墳の内部を公開する、「平成27年度熊本県内装飾古墳一斉公開」が、2016年3月19、20日に行われる。

時間は10〜16時で、見学は無料。専門職員の解説を聞きながら見学できる。公開する古墳は日程によって異なる。現地では少人数ずつの見学となるので、時間に余裕を持って訪れたい。

問い合わせは熊本県立装飾古墳館(熊本県山鹿市)まで。