「縄文のない縄文土器」と「縄文のある弥生土器」[上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館]

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

貝塚のあった一帯には復元住居や縄文時代の植生を再現した森がある

茨城県の霞ヶ浦は、現在では湖になっているが、縄文時代は海につながる広大な入江だった。そのため、周辺にはいくつもの貝塚がある。上高津貝塚(茨城県土浦市)は、縄文時代後晩期(4000〜3000年前)を代表する貝塚で、獣や魚の骨など豊富な自然遺物が出土することから、当時の食料事情や自然環境を知る上で貴重な遺跡として国史跡に指定されている。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

考古資料館の常設展示

貝塚周辺は「ふるさと歴史の広場」として整備され、考古資料館を併設。資料館の常設展示では、上高津貝塚のほか14か所の貝塚を取り上げ、その貝塚各々の個性を知ることができる。


上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

縄文時代には入江だった霞ヶ浦。その周辺には貝塚などの多くの遺跡が発見されている(同館展示パネルより)

貝塚とは、縄文人が利用した貝殻などを捨てた跡である。そんなものに個性があるかと思われるかもしれないが、遺された貝の種類によって、当時そこが沿岸部か、内湾か、汽水か、淡水かといったことがわかり、さらに海底の様子(岩礁・砂泥質・砂質)もわかるのだ。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

出土する貝の種類によって、同時の環境を推定することができる。写真は小松貝塚出土品

例えば、ハマグリやサルボウガイといった貝が多く出土すれば、そこが波静かな入江であり、マガキなどが多ければ岩礁であり、さらにサザエやアワビなどが含まれれば、外洋に面した岩礁であるという具合だ。

上高津貝塚はほとんどがヤマトシジミで構成されている。その様子は、公園内にある貝塚の貝層断面展示で知ることができるが、かなり大ぶりのシジミだ。今日ならば、飛び上がるような高い値段がつけられることであろう。

このほか、ハマグリ、シオフキガイ、サルボウガイ、カワニナなども見つかる。このことから、上高津貝塚のそばの海岸は、川と海の水が混ざる浅瀬であったとみられる。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

屋外展示施設にある貝層断面。主にヤマトシジミの貝殻が層をなしている

貝塚からは数ミリ程度の小型のカタツムリの仲間がみつかることもある。これは縄文人が食用にしたのではなく、土と一緒にまぎれ込んだものだが、これも当時の貝塚のあった環境を伝えてくれる資料となる。

例えば、ヒメコハクガイ類やホソオカチョウジガイは、木の切り開かれたところに棲む種類であることから、当時の貝塚やムラは、台地の上に展開していたことがわかる。また、貝塚の別の場所から落葉広葉樹の林に棲むヒメギセルガイが見つかれば、その区域は落葉広葉樹の林だったことがわかる。

さらに土の中にある花粉や珪藻の化石を調べることによって、上高津貝塚は、海岸からやや離れた〈コナラやカシ・スギ類の森林が広がり、斜面の上にはカエデやトチ類が生い茂っていた〉場所にあり、〈台地上は樹木が切り開かれ、住みやすい環境だった〉(同館展示パネルより)ということが推測できる。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

貝塚に混ざった数ミリ程度のカタツムリから植生環境を知ることもできる

貝類が伝えてくれるのは当時の環境だけではない。
ハマグリなどの二枚貝は、貝殻の中に木の年輪のような成長線ができる。この成長線の間隔は冬は狭く、夏は広い。この間隔を調べることで、このハマグリがどの季節に採られたのかがわかる。上高津貝塚のハマグリは、春の終わりから夏の初めにかけて集中して採られていたようだ。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

ハマグリの成長線。貝殻の中には、木の年輪のような成長線が1日に1本の割合でできる

実際、ハマグリは夏の産卵期を前に身が肥えるので、縄文人もこの季節のハマグリが歩留まりがよいということを知っていたのであろう。

しかし、中には不可解なものも出土する。例えば、大型のマダイ。
貝塚からはクロダイも見つかっているが、こちらは小型のものから大型のものまでばらけて出土するのに対し、マダイはそろいもそろって30cm以上である。上高津貝塚は大型マダイの産地だったのだろうか?——だが、そもそもマダイは上高津貝塚のように、川と海の水が混ざる浅瀬には生息しない。これは外洋近くのムラから入手していた交易品だったのである。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

上高津貝塚付近では獲れないはずの、全長50〜60cm級のマダイの骨が多数出土する

そんなことも「上高津貝塚人の生活」のコーナーでタッチパネル方式で展示されている。マダイだけではなく、石器の材料として欠かせない黒曜石など、各地と経済的交流があったのだ。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

「上高津貝塚人の生活」のコーナーでは、タッチパネル方式で縄文時代の交流がわかる。写真は黒曜石の輸送ルート

マダイや黒曜石を買っていた上高津貝塚からの輸出品は、なんだったのだろうか。その主力商品だったと思われるのが、塩だ。

上高津貝塚をはじめとする霞ヶ浦沿岸からは、縄文時代の製塩遺跡や製塩土器が多く見つかっている。当時の製塩は土器などで海水を煮詰めて行ったと考えられている。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

海水を煮詰めた製塩土器。紋様がなく、シンプルな形をしている

すでに触れたように、霞ヶ浦は汽水域も含む入江である。わざわざこんな所でやらずとも、外洋に面した、塩の濃そうな所でやればいいように思う。しかし、関東地方の太平洋沿岸で、製塩の可能性がある同時代の遺跡はほとんど見つかっていない(関口満「製塩遺跡の分布と製塩活動」『考古学ジャーナル No.627』2012年)。

これはなぜなのか?——それについては、当時の製塩法との関連が挙げられている。万葉集に「藻塩焼く」と詠われているように、古代、藻に海水をかけて鹹水(濃縮した塩水)をつくる製塩法が知られていた。これと類似した製塩法が縄文時代にも登場していたと考えられている。

霞ヶ浦へ注ぎ込む川の河口付近にある(つまり塩が薄そうな)広畑貝塚からは製塩炉と思われる遺構とともに、灰の中から大量の焼けたウズマキゴカイが見つかった(関口満「縄文時代後晩期の製塩活動」『考古学ジャーナル No.663』2014年)。ウズマキゴカイはアマモなどに付着する数ミリ程度の環形動物であり、これは製塩に海草(海藻)を利用していた証拠と考えられる。

製塩に海草が必要であったならば、海草が繁茂しやすい汽水域の河口付近である霞ヶ浦南岸地域が製塩の中心地として発達したとしても不思議ではない。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

製塩の過程を現した展示ジオラマ。アマモなどの海草を利用し、さらに土器で鹹水を煮詰めて、塩の結晶をとる

また、製塩に用いた土器(製塩土器)は紋様が無地に近い、シンプルなものだった。
縄文土器といえば、その名の通り、縄目をベースに、各種の土偶や火焔式土器のように装飾が売り(?)だったはずである。それをなぜ、自らのアイデンティティを放棄するかのような「縄文がない縄文土器」を作り出したのであろうか。

それも、製塩法が関わっている。
海水を煮詰める際に用いた土器は熱や塩の影響で消耗が激しく、繰り返して使うことができなかった。また、海水を煮沸するとカルシウム化合物が土器に固着して熱効率が悪くなるため、仮に破損していなくとも、再利用には向いていなかったようだ。

つまり、製塩土器はワンウェイ容器、使い捨て容器にせざるを得なかった。そこで、土器の生産にあたって手間のかかる紋様付けを省いたのではないかと考えられている。

製塩土器とその編年を分析すると、土器の縁を手で造形していたものから切りっぱなしにしたり、底の形状をシンプルにしたりと、簡素化への指向が見られるという(川島尚宗「縄文時代製塩における労働形態」『筑波大学 先史学・考古学研究 21号』2010年)。それはおそらく手間をかけずに大量生産するための工夫なのだろう。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

製塩遺跡と土器の展示。製塩土器は使い捨てのため、生産にあたって手間を省く工夫がされたとみられている

となれば、耐久消費財的な位置づけだったであろう当時の土器と、使い捨ての容器との区別を意図的に付けていったわけで、上高津貝塚などで出土する製塩土器はマスプロダクトの嚆矢ともいえる。現在、量販品を大量に供給することで財をなしている製造や流通の経営者は訪れておくべき聖地かもしれない。

同館は縄文時代の上高津貝塚を中心とした展示であるため、縄文時代の終焉を以てそのメイン展示を終えるのだが、最後に強烈な逸品がある。

原田遺跡群(茨城県土浦市)から出土した「縄文のある弥生土器」だ。

弥生時代後期(2〜3世紀)のもので、土器の表面にくっきりと残る縄目からは、縄文時代の伝統なのか、慣習なのか、文化なのか、ともかくそれがまだ続いていたことが実感できる。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

原田遺跡群から出土した弥生土器。縄の紋様がはっきりと残っている

「縄文のない縄文土器」(製塩土器)と、「縄文のある弥生土器」(原田遺跡群)。この二つの展示品からは、文化の諸相というものをまざまざと感じさせてくれるのである。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館

常設展ではこのほか、当時の食生活や住居についての展示もある

上高津貝塚ふるさと歴史の広場・考古資料館
住所 茨城県土浦市上高津1843
TEL 029-826-7111
開館 9:00〜16:30(月曜[休日の場合は開館し、火曜休館]・祝日の翌日[土・日・休日の場合は開館し、火曜休館]・年末年始休館)
観覧料 考古資料館は一般105円、小〜高校生50円、広場部分は無料
交通 JR常磐線土浦駅よりバス10分、イオンモール土浦下車後、徒歩20分。または土浦駅よりタクシー15分
開館年 1995(平成7)年10月17日
ワンポイント 貝塚断面や復元住居がある「上高津貝塚ふるさと歴史の広場」は入場無料。広場および館内には飲食施設はなく、自販機のみを設置。