伊豆・三津シーパラダイスに深海水槽「DON底」オープン

タカアシガニ

タカアシガニ(イメージ)

伊豆・三津シーパラダイス(静岡県沼津市)は、2015年7月18日に、駿河湾を代表する深海生物を集めた大型水槽「DON底」をオープンさせる。

タカアシガニやノコギリザメ、フトツノザメなどを展示するほか、7月18日〜8月31日の期間は、飼育員による解説「深海生物 底底(そこそこ)イイ話」を行う(各日11時15分〜、13時〜)。

また、子ども向けの遊具施設として、2015年7月1日より「みとしーminiパラダイス」を開設。ふわふわ漂っている生き物、穴の中から顔を出して暮らす生き物など、生物のさまざまな住まいや生活を遊具で疑似体験できる。
遊具のそばにはチンアナゴ、カクレクマノミなどを展示し、実物を観察しながら、遊具で遊ぶことができる。対象年齢は小学3年生以下。保護者向けの休憩スペースや授乳室、ベビースペースも併設する。