アクアマリンふくしま、「わくわく里山・縄文の里」オープン

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしまに新たな屋外展示施設が登場

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)は、2015年7月20日に、屋外展示施設「わくわく里山・縄文の里」をオープンさせる。

日本人がすでに縄文時代から実践していた自然との共生に思いをはせながら、海山川の循環のあり方や自然環境の保全、自然の持続的な利用、多種多様な生物が織りなす命の営みについて考える機会を提供する(同館サイトより)というコンセプトで、敷地内には在来植物を植えて、縄文時代をイメージした森を育てるほか、カワウソ棟なども新設する。


同館には、すでに屋外自然体験施設として、ビオトープ「BIOBIOかっぱの里」や、干潟や磯を再現したタッチングプール「蛇の目ビーチ」などがあるが、今回新たに森をテーマとしたエリアが設けられることになる。