落とし穴や隠し階段のオンパレード[妙立寺/忍者寺]

妙立寺/忍者寺

 金沢の寺町は、加賀藩3代藩主・前田利常が寺を集中させて城下の守りとした。そんな一角に、「忍者寺」の一名を持つ、妙立寺なる寺院が建つ。
 別に忍者が住んでいたとか、忍者の養成所だったとかいうわけではなく、寺の内部に設けられた、隠し階段などの様々なギミックがそんな名を付けさせたのだろう。
 拝観は予約制で、係の人が説明しながら案内をしてくれる。

 外観は2階建てだが、内部は7層4階。中2階、中々2階といった複雑な建屋内に23もの部屋がある。それらをつなぐ階段の数は29。そのうちの6階段が本堂の一部に集中し、あちらこちらから伸びた階段が複雑に交差する。しかも、ところどころに落とし穴や隠し階段が潜んでいるのだから、まさに迷宮だ。

妙立寺/忍者寺

 引き戸の手前の床板を上げると隠し階段が現れ、戸を閉じると戸の溝でロックされて開かなくなるという仕組みや、追いかけてきた敵が引き戸を開けると、その引き戸で別棟への逃走用通路を隠してしまうなど、手が込んでいるものが多い。
 なるほど、これは係の人の説明がなければわからない。拝観中に「ほー」とか「はぁ〜」と言った感心のため息があがることもしばし。

 階段の蹴込(けこみ:踏み板と踏み板の間の垂直部分)に障子を使っているものがある。明かり取り窓のようでこれは一見風流に見えるが、階段裏に潜んで外敵の足の影を見て槍で刺すのに都合がよいとか。
 埋め込み式の賽銭箱も、実は落とし穴に早変わりするし、中庭の井戸は金沢城への抜け道が通じているともいう。最上階には、いったん入ったらオートロックで内側から戸を開けることが出来ないという部屋もあり(「切腹の間」と呼ばれている)、全棟からくりだらけだ。

 それにしても、なぜこのような寺になったのだろう。
 そもそもは1643(寛永20)年に移築建立された前田家の祈願所だった。時代は、実権を掌握した徳川幕府が外様大名を次々と取り潰していた頃でもあり、3代・利常は馬鹿殿を演じて野心がないポーズをする一方で、万一の場合に備え金沢城の防衛を強化していたという。
 寺のパンフレットには、出城としても使えるように、あるいは公儀隠密の目を欺くためにこれらのギミックが装備されたと書かれている。『ひとり歩きの金沢 北陸 能登』(JTB・1999年)によれば、「寺町を訪れた時の藩主の避難場所」や「男女密会の場所」などの説もあるらしい。同書は
遊び心で造ったというあたりが本当のところではないだろうかと結んでいる。

 この寺は祈願所らしく、殿様がお忍びでやってきた時に、まわりの参拝客に気づかれずに参拝できるよう、中二階の「隠し礼拝殿」が設けられている。ここへは隠し階段から入り、本堂の仏像を正面から拝することができる。
 思うに、これが引き金だったような気がする。建立中にこの隠し礼拝殿を設計した時、造営の担当者の心に何かスイッチが入ってしまったのだ。彼はもてるすべての技術と能力をつぎ込んで、ギミックを極めた寺を造り上げてしまったのではないだろうか。
——そんな風に、寺の目的をあれこれと憶測するのも、また楽しい。

正久山妙立寺/忍者寺
住所 石川県金沢市野町1-2-12
TEL 076-241-0888
拝観時間 拝観は電話にて要予約(9:00〜16:30まで30分毎)
拝観料 大人800円、小学生600円(未就学児の拝観は不可)
交通 JR北陸本線金沢駅よりバス15分「広小路」下車後、徒歩3分
ワンポイント 拝観は電話での事前予約が必要(3か月前から受付。定員制)。拝観は常識的な服装で。「目に余る軽装」やサングラス、帽子を着用したままの拝観はNG。また、室内での写真撮影は禁じられている。