グレープフルーツ

グレープフルーツ

 カリブ海のバルバドスで自然雑種として生じ、19世紀にフロリダに導入された。フロリダで収穫されるものの旬は4〜5月という。日本では気候の関係からか、酸味の低い果実を得ることは難しく、生産量はごくわずか。
 このグレープフルーツが拙宅の庭に自然に実ったことがある。ゴミの堆肥からの実生で、おそらく30年ぐらいかかって実った。その年の気候がよかったのか、それとも気候変動で日本がフロリダみたいになったのか。
 ありがたくいただいてみたが、市販品とは比べものにならない、身も引き締まるくらいの、容赦ない酸味であった。自然栽培(?)で無農薬だったので、マーマレードにしたところ美味だった。無農薬のグレープフルーツ、これはかなり贅沢な体験だったかもしれない。