新着記事

[今日は何の日]『甲子夜話』執筆開始
What day is today?

文政4年(1821)の11月17日の夜、肥前国平戸藩主を隠居した松浦静山(まつら・せいざん 1760-1841)が随筆を書き始めた。

もともと知識欲旺盛な殿様で、歴史や有職故実、博物、民俗などあらゆることに興味関心を持ち、 続きを読む

[今日は何の日]青鬼の行方
青鬼@香川県高松市
青鬼@香川県高松市

高松市屋島で目撃された「青鬼」の石像

『泣いた赤鬼』などで知られる童話作家の浜田広介が1973(昭和48)年の11月17日に没。
『泣いた赤鬼』とは——人間と友達になりたい赤鬼に、青鬼が「ぼくが村で暴れるから、そこへ君がやってきてぼくを殴ればいい」と悪役を買ってでる。青鬼を退治した赤鬼は人間と友達になる。青鬼は赤鬼が人間と仲良くなったのを見て、そっと山を去っていく。赤鬼は青鬼の置き手紙を読んで涙する——というお話し。

続きを読む

古民家と紅葉のライトアップ、11/23、24に
川崎市立日本民家園
川崎市立日本民家園

広大な緑地の中で、ちょっとした旅情を味わえる

川崎市立日本民家園(神奈川県川崎市)では、2019年11月23、24日の両日、開園時間を20時まで延長し「夜の民家園~古民家ともみじのライトアップ~」を開催する。園内の「宿場・信越の村エリア」をライトアップするほか、当日は先着100名に提灯の貸し出しも行う。
民家の中では、夜なべ仕事の実演や回り灯篭の展示、古民家カフェの営業なども行われる。

続きを読む

[今日は何の日]パンダ「ワン」と鳴く
ジャイアントパンダのランラン
ジャイアントパンダのランラン

「ランラン」の今の姿(国立科学博物館での2008年NEWS展示にて撮影)

日中国交正常化を記念して、中国から贈られたジャイアントパンダの「カンカン」と「ランラン」が、1972(昭和47)年のこの日から東京・上野動物園で一般公開された。
ところで、この2頭の来日前に、パンダが「ワン」と鳴くという噂が飛びかった。

続きを読む

江戸から現代まで、おもちゃの歴史をたどる
museum
museum

江戸時代から現代に至るまでの「おもちゃ」を俯瞰できる特別展「子ども/おもちゃの博覧会」が、埼玉県立歴史と民俗の博物館(さいたま市大宮区)で開催中。会期は2019年11月24日まで。

江戸時代の子どもの様子を描いた浮世絵から、明治〜大正時代のブリキ製おもちゃ、戦後のテレビの影響力を彷彿とさせる特撮番組のおもちゃなど、 続きを読む