新着記事

江戸から現代まで、おもちゃの歴史をたどる
museum
museum

江戸時代から現代に至るまでの「おもちゃ」を俯瞰できる特別展「子ども/おもちゃの博覧会」が、埼玉県立歴史と民俗の博物館(さいたま市大宮区)で開催中。会期は2019年11月24日まで。

江戸時代の子どもの様子を描いた浮世絵から、明治〜大正時代のブリキ製おもちゃ、戦後のテレビの影響力を彷彿とさせる特撮番組のおもちゃなど、 続きを読む

[今日は何の日]太陽系外からの使者きたる
Oumuamua-NASA
Oumuamua-NASA

オウムアムアの形状と明るさの変化。7〜8時間ごとに明るさが劇的に変化するので細長い形状が回転しているとみられる(Credit: NASA/JPL-Caltech)

2017(平成29)年の10月19日、ハワイの天文台が時速13万8000kmの高速で移動する光体を観測。当初、太陽系内から飛来した彗星か小惑星と考えられたが、軌道を計算した結果、太陽を周回するには速度が速すぎることなどから、太陽系外から来た「恒星間天体」と確認された。恒星間天体が観測されたのは史上初。

続きを読む

昭和の民家をまるごと博物館に[昭和のくらし博物館]
昭和のくらし博物館
昭和のくらし博物館

昭和のくらし博物館は、民家園のように移築したのではなく、現在地に70年近く建っているものなので、まわりの環境に溶け込んでいる

案内板がなければ入っていくのがためらわれるほど、細い路地を通り抜けて、奥まった所に一軒の民家が建つ。これまた看板がなければ、博物館とはわからない。
これが、1951(昭和26)年築の民家がそのまま博物館になっている「昭和のくらし博物館」。生活史研究家の小泉和子氏が、自身の生家を博物館として公開しているものだ。

続きを読む

「人面墨書土器」のワークショップ、岡山・瀬戸内市で
news

古代に行われていたまじないの一種である「人面墨書土器」のワークショップが、2019年11月2日に、瀬戸内市民図書館 オリーブの庭で開催される(チラシ画像)。
人面墨書土器は土器に墨で人の顔を描いたもので、奈良〜平安時代の遺構から出土する。 続きを読む

高崎白衣大観音像を手がけた工芸家の全貌
群馬県立近代美術館
群馬県立近代美術館

企画展では、動物をモチーフにした作品や新田義貞像などの人物像を展示する

高崎白衣大観音像の原型製作も手がけた、鋳金工芸家・森村酉三(1897-1949)の足跡をたどる企画展「没後70年 森村酉三とその時代」が、群馬県立近代美術館(高崎市綿貫町)で開催中。会期は2019年9月21日〜11月10日。

続きを読む