新着記事

[感想後記]古墳時代の祭祀から神道へ/國學院大學博物館「神道の形成と古代祭祀」展
國學院大學博物館「神道の形成と古代祭祀」展
國學院大學博物館「神道の形成と古代祭祀」展

古代祭祀と神道の起源について、文字資料と考古資料の両面からアプローチする企画展

國學院大學博物館(東京都渋谷区)において、2017年10月14日〜12月10日の会期で、企画展「神道の形成と古代祭祀」が行われている。
「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録記念として開催されたものだが、内容は主に東国の資料を中心としている。

続きを読む

恐竜すす払い参加者募集、いのちのたび博物館で
北九州市立いのちのたび博物館
北九州市立いのちのたび博物館

日本屈指の規模を誇る、北九州市立いのちのたび博物館の恐竜展示

もうじき大掃除の季節、北九州市立いのちのたび博物館(北九州市八幡東区)では、博物館で展示している恐竜化石を掃除する「恐竜すす払い」の参加者を募集している。

開催は2017年12月26日で、往復ハガキまたは応募フォームから、12月12日必着で申し込む。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)、定員は12名(抽選)。

続きを読む

「えっ!縄文時代にアスファルト?」展、岩手で

縄文時代からすでに利用されていたアスファルト。岩手県一戸町の椛ノ木(かばのき)遺跡から出土した3500年前の縄文時代後期の土偶にもアスファルトが使われていたことが明らかになっている。
御所野縄文博物館(岩手県一戸町)では、これらアスファルトとその流通に着目した企画展「えっ!縄文時代にアスファルト?」を開催する。会期は2017年11月18日〜12月17日。 続きを読む

[感想後記]図面でたどるドリフ喜劇の舞台裏/杉並区立郷土博物館分館「8時だヨ!全員集合」展
杉並区立郷土博物館分館「8時だヨ!全員集合」展
杉並区立郷土博物館分館「8時だヨ!全員集合」展

「8時だヨ!全員集合」の舞台装置の図面やスケッチ、写真などを展示する企画展。杉並区立郷土博物館分館で、2017年12月10日まで。入場無料

TBSテレビ「8時だヨ!全員集合」は、1969(昭和44)年から1985(昭和60)年にかけて放送された、ザ・ドリフターズによるバラエティ番組だ。
家がくずれたり、四方八方から水が噴き出したり、からくり屋敷のようにそこここからお化けなどが出てきたりという、屋体くずしや瞬時のセット転換を用いた大がかりな舞台装置によるコントが売りで、しかもそれを公開生放送で行っていた。

続きを読む

大人もたのしめるキノコ展、千葉県立中央博物館で
キノコ
キノコ

企画展では森とキノコの関係についても触れる。写真はイメージ(千葉県内で撮影)

千葉県立中央博物館(千葉市中央区)で、2017年の夏から冬にかけ、約5カ月間の長期にわたって開かれているキノコづくしの企画展「きのこワンダーランド」が、いよいよ第2期に入った。
第1期が「子どももたのしい」編だったのに対し、2017年9月16日〜12月27日の会期で行われる第2期は「大人もたのしめる」編。

続きを読む