新着記事

[今日は何の日]サザエさんの日
サザエさん
サザエさん

誰かがそう決めているわけではないが、もし「サザエさんの日」を制定するとすれば、今日になるだろう。1946(昭和21)年のこの日、福岡の「夕刊フクニチ」に『サザエさん』の連載が始まったのだ。

当時の社会状況は惨憺たるものだった。戦争が終わった1945(昭和20)年よりも食糧事情が悪化し、政治経済は混乱を極め、復興の方向性すら示せない時代だった。

続きを読む

[今日は何の日]ハチ公の日
秋田犬・ハチ・ハチ公
秋田犬・ハチ・ハチ公

国立科学博物館にあるハチ公の剥製。南極観測で活躍したカラフト犬のジロなどとともに展示されている

別に「ハチ公の日」と決まっているわけではないが、1934(昭和9)年のこの日、渋谷駅前に「忠犬ハチ公」の銅像が建った。帰らぬ主人を渋谷の駅頭で待ち続けたということで、一躍人気者になったのはご存じの通りだが、実は銅像が建ったこの時、ハチはまだ健在で、 続きを読む

変形菌の魅力を紹介する企画展、茨城県自然博物館で
茨城県自然博物館
茨城県自然博物館

茨城県自然博物館(写真は常設展示)

胞子によって増え、バクテリアを食べながら這い回り、子実体と呼ばれる胞子を持った袋状の塊を形成するという変化に富んだライフサイクルを送る変形菌。
その生態や他の生物との関わり、最新技術との接点などを取り上げた企画展「変形菌—ふしぎ?かわいい!森の妖精」が、茨城県自然博物館(茨城県坂東市)で開催中。会期は、2018年2月17日〜6月10日。

続きを読む

うどん県民はルドンが無料 三菱一号館美術館で
UDON
UDON

19世紀末〜20世紀初頭のフランスの画家オディロン・ルドン(1840-1916)の描いた、花や植物に焦点を当てた展覧会「ルドン—秘密の花園」が、三菱一号館美術館(東京・丸の内)で開催されている。会期は2018年2月8日〜5月20日。

ルドンは、印象派全盛の時代に「黒の画家」と呼ばれるほど黒一色の作品を残し、老年期に入って、突然、色彩豊かな画風となった。 続きを読む

改修終えた東京都庭園美術館が総合開館
東京都庭園美術館
東京都庭園美術館

夕闇迫る東京都庭園美術館と桜(2018年3月28日撮影)

2014(平成26)年以来、本館や庭園などの改修・耐震補強を手掛けてきた東京都庭園美術館(東京都港区)は、2018年3月21日、西洋庭園の整備とレストラン棟の改築が完了。これをもって総合開館とし、同日より「特別公開 旧朝香宮邸物語」「フランス絵本の世界」の二つの企画展を同時開催する。会期はともに6月12日まで。

折しも園内は桜の時期にあたり、2018年3月30日、31日、4月6日、7日は夜20時まで開館する(入館は30分前まで)。今年の東京都内での桜の開花状況を見ると、この週末ならまだ夜桜が楽しめそうだ。

続きを読む