新着記事

[今日は何の日]二日灸

今日は 旧暦2月2日。この日に灸をすえると平素の2倍の効能があるという。

灸が昔ほどメジャーでない現在では、何に例えればわかりやすいだろう。今日サロンパスを貼ると2倍の効果が(←違う…)。うちの近所のスーパーも月曜に買い物に行くとスタンプ倍押し(←それも違う…)。

続きを読む

江戸と北京の都市と暮らしを俯瞰 江戸東京博物館で
江戸東京博物館
江戸東京博物館

江戸の賑わいを再現したジオラマ。江戸東京博物館の常設展示にて

江戸と北京の都市生活を比較する珍しい企画展、「江戸と北京—18世紀の都市と暮らし」展が、江戸東京博物館(東京・両国)で開催されている。会期は2017年2月18日〜4月9日。

江戸の人口が100万人を超えた18世紀、北京は清朝の首都として最も繁栄を極めた時代でもあった。この二つの巨大都市を、江戸の賑わいを約12mの絵巻に活写した「熈代勝覧」や、清朝・乾隆帝の80歳の祝賀行列を描いた「乾隆八旬万寿慶典図巻」などで比較。 続きを読む

ウェブメディアが「個性的」な即売会 2/26に蒲田で

普段はモニタの向こうにいるウェブメディアが、リアルに集結して展示即売会を行う「ウェブメディアびっくりセール」が、2017年2月26日、デイリーポータルZの呼びかけによって開催される。会場は大田区産業プラザPio小展示ホールで入場無料。開催時間は12〜17時。

続きを読む

[今日は何の日]チョウチンアンコウの日
チョウチンアンコウ@名古屋港水族館
チョウチンアンコウ@名古屋港水族館

1967(昭和42)年のこの日、神奈川県鎌倉市の海岸で拾われた深海魚チョウチンアンコウが、江ノ島水族館に運び込まれ8日間生きた。

これが世界で初めての本格的な飼育記録で、この時の観察が元になって、チョウチンアンコウは発光バクテリアなどを利用するのではなく、自力で光を出していることがわかった。

続きを読む

幻の魚類博物画家の作品を公開 東京海洋大学附属図書館で
『日本魚介図譜』(国立国会図書館蔵)
『日本魚介図譜』(国立国会図書館蔵)

伊藤熊太郎の画が印刷された『日本魚介図譜』。国立国会図書館蔵

東京海洋大学附属図書館(同大・品川キャンパス)では、企画展示「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」を開催中。会期は2017年2月8日〜3月10日(土日曜および2月28日は閉館。2月19日は講演会開催のため、時間帯を変更して開館)。

続きを読む