新着記事

[今日は何の日]雨水

立春の次の二十四節気で、「うすい」と読む。

1787(天明7)年の『こよみ便覧』によれば、陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなりとあり、雪が降っていたのが雨に変わり、積もっていた雪がとけて川になって流れていきますぅ〜、ツクシの子がはずかしげに顔をだします〜、もうすぐは〜るですねぇ〜♪♪

続きを読む

国立科学博物館で「地衣類」の企画展が開催中
国立科学博物館
国立科学博物館

国立科学博物館で企画展「地衣類—藻類と共生した菌類たち」が開催中。2018年3月4日まで

一見、コケのように見えるが、じつは藻類と共生した菌類である「地衣類」にスポットをあてた企画展「地衣類—藻類と共生した菌類たち」が、国立科学博物館(東京・上野公園)で開催中。会期は、2017年12月19日〜2018年3月4日。

続きを読む

[感想後記]都市の変化を反映する? ツバメの分布/パルテノン多摩 歴史ミュージアム「多摩市ツバメ調査から見た地域」展
パルテノン多摩 歴史ミュージアム「多摩市ツバメ調査から見た地域」展
パルテノン多摩 歴史ミュージアム「多摩市ツバメ調査から見た地域」展

多摩市で30年ぶりに行われたツバメ調査を比較する企画展示。会期は2018年2月27日まで

多摩センター駅そばのパルテノン多摩 歴史ミュージアム(東京都多摩市)で、企画展「多摩市ツバメ調査から見た地域~30年前の調査とくらべて~」が2018年2月27日までの会期で開催されている。

展示のメインは、多摩ニュータウンの中心的地域である多摩市で2017(平成29)年と1987(昭和62)年に行われたツバメ調査の比較という、地域密着の展示だが、 続きを読む

銭湯をテーマにした企画展、横浜市歴史博物館で
横浜市歴史博物館「銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!」展
横浜市歴史博物館「銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!」展

横浜市歴史博物館で、2018年3月21日まで開催中の企画展「銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!」。民俗担当の学芸員が手掛けているだけあって、収集・展示されている資料もツボをおさえている

横浜市歴史博物館(横浜市都筑区)では、企画展「銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!」を2018年1月24日〜3月21日の会期で開催中。

横浜市歴史博物館「銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!」展

展示されている実物の番台には上がることもできる。番台からの眺めをVR体験する企画も

高度成長期に労働者が増加した横浜市域では、臨海部を中心に銭湯の需要が高かったという。同展では、銭湯が身近にあった高度成長期以降の昭和時代を中心に、市内の銭湯の移り変わりや、お風呂屋さんの暮らしなどを紹介していく——と書くと堅苦しく感じるが、 続きを読む

鉄腕DASHで作った「サメ歯製漁具」、横浜市歴史博物館で展示
横浜市歴史博物館・サメ歯製漁具
横浜市歴史博物館・サメ歯製漁具

「ザ!鉄腕!DASH!!」でTOKIOが作った「サメ歯製漁具」が展示されている。2018年3月31日まで

2018年1月28日に放送された「ザ!鉄腕!DASH!!」の番組内でTOKIOが作った「サメ歯製漁具」が横浜市歴史博物館で展示されている。展示期間は2018年1月30日から3月31日まで。

番組は「縄文時代の銛を作って、それで魚を獲ることができるか?」という内容で、TOKIOが釣り上げたヨシキリザメの歯を利用して、それを木の棒に埋め込み、銛を作っていく。

続きを読む