新着記事

[今日は何の日]コカ・コーラ見参の日
What day is today?

1949(昭和24)年のこの日、来日していた大リーグ3Aチーム「サンフランシスコ・シールズ」が後楽園球場で巨人と対戦。
この時、球場内でコカ・コーラが販売され、アメリカン・ムードを演出した。

続きを読む

[今日は何の日]大流星群出現の日
『日本紀略』長元八年九月十一日
『日本紀略』長元八年九月十一日

『日本紀略』長元八年九月十一日(1035年10月14日)の条に「流星」の文字がある(赤線部)。その1行および2行あとに「依天変」と、天変によって大赦と奉幣が行われたことがわかる。国立国会図書館蔵『国史大系 日本紀略』1897(明治30)年より

1035年のこの日、当時の暦でいうところの長元8年9月11日。天に大流星が現れ、天皇の名によって大赦が行われた。死罪以下、通常の恩赦では対象にならなかった者もすべて減刑とし、さらに21社に奉幣し、仁王会の祈祷を行うという騒ぎになった。

その33年前の1002年の同じ10月14日(長保4年9月6日)にも『日本紀略』に終夜流星すとの記述があり、さらに35年前の967年のこれまた10月14日(康保4年9月9日)にも 続きを読む

昭和の民家をまるごと博物館に[昭和のくらし博物館]
昭和のくらし博物館
昭和のくらし博物館

昭和のくらし博物館は、民家園のように移築したのではなく、現在地に70年近く建っているものなので、まわりの環境に溶け込んでいる

案内板がなければ入っていくのがためらわれるほど、細い路地を通り抜けて、奥まった所に一軒の民家が建つ。これまた看板がなければ、博物館とはわからない。
これが、1951(昭和26)年築の民家がそのまま博物館になっている「昭和のくらし博物館」。生活史研究家の小泉和子氏が、自身の生家を博物館として公開しているものだ。

続きを読む

「人面墨書土器」のワークショップ、岡山・瀬戸内市で
news

古代に行われていたまじないの一種である「人面墨書土器」のワークショップが、2019年11月2日に、瀬戸内市民図書館 オリーブの庭で開催される(チラシ画像)。
人面墨書土器は土器に墨で人の顔を描いたもので、奈良〜平安時代の遺構から出土する。 続きを読む

高崎白衣大観音像を手がけた工芸家の全貌
群馬県立近代美術館
群馬県立近代美術館

企画展では、動物をモチーフにした作品や新田義貞像などの人物像を展示する

高崎白衣大観音像の原型製作も手がけた、鋳金工芸家・森村酉三(1897-1949)の足跡をたどる企画展「没後70年 森村酉三とその時代」が、群馬県立近代美術館(高崎市綿貫町)で開催中。会期は2019年9月21日〜11月10日。

続きを読む